2012/09/23 日曜
 尖閣の件は、これまでに言われているように推移している。ASEANでの近習平の動きを報道で見る限り、セオリー通り、中国は尖閣と他の海域の話がリンクしないように心がけているようである。日本に「経済制裁」やら不法なサイバー攻撃をかけていることは、悪質な地上げ屋そのものである。
 先日、ネットのニュースを見ていたら、真偽の確度は確かめようがないが、日本の外相は中国政府に対し、国有化の事前に、石原都知事の尖閣購入を阻止する方法は国有化しかない、と持ちかけて理解を求めようとしていた、という。まあそんなところだろうと思う人は、私を含めて多かったと思うけれど、その通りだとすればマンガのような話である。
 そもそも今回の件は、「国有化」に中国がなぜ拒否反応を示すのかについて、解説が述べられることはない。考えてみると、そこはミステリーである。
 理由は単純だろう。国が買おうが都が買おうが、中国にとっては同じことである。問題は「売買」という、合法支配を前提にする実績を日本が作ることに中国政府は拒否反応を示しているのである。中国の狙いは現在も今後もただ1つ。日本が支配の実績を作ることを止めさせておいて、その間に中国が領有の実績を積むことである。だから、中国は、日本に対してどのみちやることを、現時点で前倒ししてやっているに過ぎない。
 大阪市長の橋下が妙なことを言っていた。中国は国有化に拒否反応を示しているから、「落としどころ」として、都に購入させろ、というのである。どちらが購入しても中国にとっては同じであるから、これも寝ぼけた主張としか思えない。
 ただ、橋下市長は、とぼけてそう言っているのかも知れないですね。国有化だと、少なくとも野田政権の下では、国は支配の実績をまったく作らないのは目に見えている。そこで、とぼけて都知事に買わせれば、そりゃまあ、都ならやってしまうだろう。そこが狙いなら橋下も大したものである。中国がその手に乗る訳ないけれど。
 中国で反日デモが荒れ狂う間に、日本は「船溜まりを作る」くらいのことをしても良かった。反日デモがあれ以上荒れ狂うと中国政府の命取りになるから、あのタイミングでやっておけば追加的なコストなしに日本は支配の実績が積めた。仮に中国が尖閣に攻めてきても、今の時点なら日本は負けない。日本が軍事的に次のステージに容易に移行できる、というメリットもあった。

 ネットでニュースを見ていたら、朝日だったか読売だったか、中国からの留学生が尖閣の問題でどう言っているか、という記事があった。
 ただまあ、そういうのって、悪いけど、酷な話ですよね。
 どこの国のこととは言いませんが、日本にいるある国の留学生は、本国にいるときのように(あるいはそれ以上に)監視されている訳ですよね。ロシアと違ってその国はプロフェッショナルなスパイは少ないですが、普通の人同士でいろいろ難しい。留学生など、渡航してくる普通の人の中の一定比率の方々は、日本で言う公安警察にあたる本国の組織に定期的に報告しており、はっきりいって監視されているのと同じである。別に、誰も悪気はないんですが。ですから、この種の問題で「意見を言え」と言うのは酷な話でね。まあ、そういう監視をしている国は、他にないですよね。
by larghetto7 | 2012-09-23 23:45 | 日記風