2012/09/19 水曜
 さても、まあなんですなぁ。今年の夏はいろいろあった訳ですが、やはり、一番注目を強いてくれたのは、何といっても竹島と尖閣の話しですよね。自民党の総裁選も、この点に支配されているように見えます。
 甘い日韓友好とか日中友好というのは、ない、ということが明確になったということなんでしょう。

 竹島問題で連想することが私には1つ、あります。私の郷里では(だけではないと思いますが)、昔よく語られていたことが、農地に接する道路は段々狭くなる、という話です。農地を耕作している方が、まあなんというか、公の道路に一鍬入れて、少しずつ自分の農地にしてしまう、ということがよくあった。それで、農地に接する道路は「段々狭くなる。」韓国の行動は、その類のように見えますな。日本が終戦後で国家として動けない、そのドサクサに紛れて彼らが不法に占拠したのが、北方領土であり、竹島ですな。そんな火事場泥棒のようなことは、日本はしませんよね。

 韓国に比べると中国は、さすが、よりダイナミックというか、平たく言うとヤクザですよね。アメリカやロシアのような、強面の国にはしないですが、相手が弱いと見たらどんどん因縁をつけて来る。日本だけではなく、あちこちで同じような脅しをかけて、地上げではないですが、海上げをしている。ですから、尖閣の話は、同じように中国に苦しめられているすべての国が注目している。逆に中国は、日本で地上げにしくじると他の海域でもまずいですから負けられない。強硬になるのは必然ですな。
 中国としては、尖閣の件を「棚上げ」にさせて、日本の実効支配が止まっている間に領有の実績を作ろうとする。だから当面、手を尽くして、脅しで日本に「棚上げ」に同意させようとするはずですよね。手先の日本人にも「棚上げ=平和」というキャンペインをさせるんでしょう。ヤクザを恐れずに、気の良いカタギの日本がちゃんと対応できるか、という問題ですな。
 アメリカも次第に当てにできなくなるでしょう。それまでに中国が普通の国になることも、まあ、ない。だから日本でも、何れ、核武装という選択肢が議論されるように思います。
by larghetto7 | 2012-09-19 23:45 | 日記風