8/30 アースダイバー
 家の中に中沢新一著の『アースダイバー』という本が置いてあった。子供の本のついでに図書館からカミさんが借りてきたものと思う。パラパラとめくりながら部分読みした。面白い。東京都心付近の土地を「乾いた場所」と「湿った場所」に分け、その対比で新宿や渋谷の性格づけを論じている。新宿がどうの、青山がどうのというのは、私にとっては「どっちでもいいじゃん」と思うけれども、都内の大学に勤めている人たちはマニアックこだわるような気がする。議論はハレとケの2元論のヴァリエーションのような気もする。何よりも、東京の土地に関わる博物館的な知識が繰り出されており、なるほどこの著者は才能があるのだろうな、と感心した。ただ、言っているのことが正しいかどうかという点では、まあ何とも。
 知識が消費物であることがきわめて東京風なのだろう、という気がした。
 昼に、弔慰金申請のための母の戸籍抄本を依頼する郵便を出した。まず指定された通り郵便小為替というやつを郵便局で買い、封筒に指定された切手を貼って出した。封筒くらい家にあると思っていたけれど、ちょうどよい大きさの封筒がなく、文房具屋で封筒を2種類買ってきた。
 あらためて感じることがある。
 第1に、郵便を使うことが少なくなった。たまに使うことになるので慌てている。身近な人には携帯、その他にはメール、という連絡が一般化しているので、手紙を書く、という行為そのものが希少になっている。今の学生など、手紙などまず書かないだろう。
 第2に、いろんな制度、手続きの中で「郵便」という存在がきっかりと組み込まれていること。市役所への送金は郵便小為替と決まっているようだし、弔慰金の受け取り機関も郵便局でなければならない。たしかにある種の送金は郵便局と指定されている。
 逆もある。例えば、埼玉大学で学生さんにアルバイトをしてもらった場合、振込先の金融機関を申告してもらう。その機関は、以前は銀行が○で、信用金庫や郵便局は×だった。今は信用金庫でよくなり、近くに青木信用金庫があるせいで、信用金庫を使う学生が多い。けれども、依然として郵便局は振込先にできない。郵便局が一番近いのに。
 何れも法律上の根拠があってしていることであるけれど、それぞれの官庁が縦割りでそれぞれの思惑で法制化しているから、利用者の側にはどうなっているのか、秩序が理解できない。それ以上に、新規に算入する企業にとってはいろんな「非関税障壁」になって、活動を阻害させているだろうと想像する。
 郵政の民営化をするとなると、この辺の整理もあるんでしょうね。
by Larghetto7 | 2005-08-30 10:16 | 日記風