8/29 弔慰金
 ちょうどお昼頃、戦没者遺族への特別弔慰金、というやつの手続きのために市役所の社会福祉課を訪れた。私の母の兄、私のおじにあたる人が昭和20年に戦死している。それで今の時期に、10年間で40万円分の国債償還金、というやつを郵便局で受け取れる、という制度である。おじには配偶者、子供はなく、ために遺族年金を祖父、その死後は祖母が受けていたらしい。私の母には遺族年金の相続権はない。が、代わりに弔慰金が出るということらしい。
 10年間で40万円とは年4万、月では4千円に満たない。もらえるに越したことはないけれど、それで生活の足しになるというものでもないだろう、と私がいってみた。母は、このお金は兄さんが私に残してくれたものなので、必ず受け取りたいという。
 幸い、手続きはそれほど面倒ではなさそうで、母の戸籍抄本を本籍地の市役所から送ってもらえれば出せる、と分かった。窓口の対応も親切だった。
by Larghetto7 | 2005-08-29 20:47 | 日記風