2012/07/21 土曜 墓参
 明後日が父の命日である。例年、その命日の直前の週末に郷里に墓参りに行く。今年は今日の土曜に行くことにしていた。
 父が死んだのは35年前である。だいぶ昔のことだ。だが、そのときのことはよく覚えている。かなり鮮明に覚えている。そのためか、かえって昔のことであることが際立つ。
 朝は7時台におきて、いつものように猫支度で一日を始めた。あいにく小雨なので、明日にしたらどうかとカミさんはいう。が、会津の墓参とは異なり、山に分け入る訳でもない。行くことにする。朝食にうどんを食べた。
 なんだかんだと時間が過ぎ、昼近くになってやっと出かけた。駅前の花屋で花を買い、さらに駅近くのセヴン-イレヴンで線香を買って電車に乗った。少し早ければ快速に乗れた。小山で水戸線に乗り換え、13時近くには郷里の駅についていた。
 お寺と言うのが駅近くにある。すぐにお寺に向かい、墓参を済ませた。お寺の本堂は閉まっていた。
 この郷里も、今は墓参りかお盆のときにしか来なくなった。私が育った頃はにぎやかだった駅前通りであるが、今は人通りも車の通りも少ない。駅の南口に行ってみたが、にぎわいの程度は同じである。喜多方ラーメンの店に入って冷やし中華を食べた。
 帰宅したのは16時頃である。
by larghetto7 | 2012-07-21 23:45 | 日記風