2012/05/12 土曜
個人的意見  →  国立大学であることのリスク

d0028773_202151.png

         Bamboo Paper によるメモ(左)   GoodNotesによるメモ(右)

 このところ、iPadで手持ち資料を集約している。大きいのは紙のメモ帳をiPadに変えた点である。
 手書きメモアプリはいろいろ試している。次のものを試して、今は、上記のBamboo paperとGoodNotesを使っている。
 試したことがあるのは以下である。

ホワイトボード:粗い文字しか書けず、すぐに止める。
Syncy Notes:よく覚えていない。
Pen and Paper:機能的にはよかったが、たぶん急ぎのときに使いにくいので、削除した。
手書きツール:文字は、たぶん一番美しく書ける。ただし図を描くことができず、削除した。
neu.Notes(無料版):かなり良い。実際このアプリを出先でのメモに使ったことがある。ただしページの下の方で書くのに不便があり、GoodNotesとの比較で、こちらを削除した。

 以上は「結局使わなかったアプリ」である。
 使っているのは、まずGoodNotes(無料版+有料版)。GoodNotesが良いのは、第1にDropBoxなどを使ったエクスポート、インポートの機能が一応そろっていること。この点は、アプリによっていろいろありますな。第2に、比較的使いやすい(とっさのメモ書きに使える)ことであります。機能的に良いけれど、重いとか、操作が面倒であわてて使うには適さない、といったものはだめ。
 Bamboo Notes の方は、Wacomの製品版として、いろいろ出ているアプリです。もとはWindows用なのでしょう。なので、Mac系のコンセプトではない面がある。欠点は、インポート、エクスポートの制限がきついこと。また、他のアプリのように文字を大きく書いて小さく画面に出す、という方式でないので、細かい文字が書けないこと。ただ、たぶんベジェ曲線のような補正機能があるために、線は美しく描けます。それと、操作が単純、描いたまま描く、ということなので、とっさのメモ書きにはよい。
 ただ、探せば、もっと良いアプリがあるかも知れません。いろいろあるから。

 これでペンでの手書きが要らなくなるかというと、そうではないです。やはり万年筆のような線の美しさは、今の所ないですな。「書く」という動作も同じではない。ただ、紙だとまとめたり保管するのが煩雑で、どこに行ってしまうかが分からない(それはそれで味があるのですが)。紙資料をiPadでまとめるようにしたので、管理という面では便利になりましたですたい。
by larghetto7 | 2012-05-12 19:01 | 日記風