2011/09/21 水曜  台風15号
 本日、台風15号が関東地方を通過する予報であった。昨夜、ネットやTVの天気予報に注意していたが、埼玉のこの辺をちょうど18時頃に通過すると予想されていた。実はこの辺で一番心配なのは利根川である。戦後、利根川が決壊するすることはほとんどなかったが、もし決壊すると、広い流域で大変な被害が出ることになる。なにせ、土地が全般に低いのである。
 ネットで調べると、ほぼリアルタイムで水位情報が出ているのに気付いた。氾濫注意水域にはまだ余裕がある、と昨夜は思った。
 そんな訳で、申し訳ないですが、本日、残っている夏期休暇を使って休むと、夜中の3時過ぎにメールを出していたのでありました。
 今朝は起きるのが遅かったけれど、既に風雨があった。
 風雨が強まったのは17時頃からである。16時頃には買い物に出たけれど、18時頃には外にいられないほどの風があった。
 引き続き、利根川の水位を見ているが、利根川自体にはまだ余裕がある。ただ、利根川に注ぐいくつかの、栃木県を通る川は、かなり水位が上がってしまっている。その川は古河-栗橋辺りで利根川に合流する。
 ネットで見ると、関東地方の主要な鉄道路線はほぼ運転見合わせになっている。

 さても、19時台は風雨が強かったが、20時台になると雨がほぼ止んだ。その頃には鉄道運行も再開したようだ。深夜になると落ち着いたもので、空は晴れているかに見える。台風は18時頃に秩父にいたそうだが、その後、宇都宮、南相馬と中心が移動していったようである。
 その後も、気になって川の水位情報を眺めている。
by larghetto7 | 2011-09-21 18:59 | 日記風