7/24 夜が明けて
 昨夜はホテルの部屋で報告のまとめをするつもりであったけれど、そのまま寝入ってしまったようだ。朝早く、というか明け方に目を覚ました。雨が降っており、寒いくらいに感じた。家に置いてきた猫の夢を見た。PCをいじっていると空が明るくなってきた。朝方には雨がやんだ。
 8時頃にホテルのレストランで朝食をとる。同じ会議に出るアメリカ人やらイスラエルから来た人と会い、挨拶して一緒に食事をするけれど、そもそもこういう場合を処理するような英語力や行動様式が私には備わっていないので、食事が終わると早々に引き返した。この種のホテル缶詰というのは、私には有難くない。
 こういう場面で仲良くするというのは意味のあることで、特に欧米人にとってはこのときに得た知己を資本にしてビジネスにつながるのである。欧米は日本以上にコネ社会といえる。日本もそのうち同じようになるだろう。ただ、私はそのような環境ではうまく生きていけないな、と思う。
 自分の報告の準備がまだできていない。再びとりかかる。日中は日が照って気温もあがった。
by Larghetto7 | 2005-07-24 22:01 | 日記風