11/15 月曜
 1つ前の記載で書いた、安めの万年筆のその後、である。
 結論から言うと、パキスタン製のもインド製のも、ダメだった。使えない。

 まずパキスタン製のDollar demonstrator であるが、Pilot 朝顔を入れて使おうとした。けれど、ひどくインク漏れを起こす。インク漏れと言うのは、日本製のン百円の万年筆でも、まず起きない。見た目はねぇ、結構気が利いているんですが。
 ま、入れたのがPilot の朝顔と言う、やけにインクフローの良いインクであったせいもあるかも知れませんが、インク漏れというレヴェルの不安を抱えて、筆記具として使うのもね。

 もう1つの、インド製のWality という、Recife Crystal似の万年筆ですが、こちらも気が付くとインク漏れがありましたんねん。入れていたのは、Herbin の Orange Indienというインクで、こちらは特にインクフローが良過ぎるという訳でもないんですが…。

 で、それより少し前に買った、Pilot のCustom Heritage 92というスケルトンの万年筆の件です。こちらは、まあ、ちゃんとした万年筆なので、そういった問題はないです。この万年筆には最初、Pilot の月夜というインクを入れて使っていました。しかしこの月夜が、いまひとつ気に入らず、で。万年筆を分解?して水洗いしてから、Pilot 朝顔を入れて使っておりました。まあ、いいんですが、インクが出すぎるんですな、どうも。で、インクフローの悪い(色が薄いのでそう感じるのか?)Pilot 露草に、最近入れ替えました。ペン先がMなので、やや太く、インクの出が良過ぎるんでしょうな。同じMでも、実際はペンによって太さは違う。この万年筆の場合、Mでやや太過ぎると感じます。インクの出が良いからそう感じるのか?
 しかしちゃんとした万年筆なので、気に入って使っております。
by Larghetto7 | 2010-11-15 23:45 | 日記風