10/23 土曜
 なんつうか、なぜかあっという間に時間が過ぎて、こんな日にちになってしまったのであった。
 昨夜、家に帰ると、ネットで注文していた万年筆とインクが届いていた。万年筆とはパイロットのカスタムヘリテイジ92という型で、1万円ちょっとなんですが(私が買うものとしては高い)、ま、スケルトンの万年筆です。ペリスケ(Pelikan M205)のPilot版と思えばよいですな。Pilotのスケルトンの万年筆は、1万円くらいだとコンバータでインクを入れるタイプしかなかったのですが、同等の値段でピストン式が出れば売れると以前から思っておりました。それが出たので、買って使う訳でもないのですが、買ってしまいました。もう1つ届いたのは、同じPilotの色雫というシリーズのインク「月夜」と、Kaweco のクラシック、スケルトンのローラーボール、2千円くらい、です。Kawecoのローラーボールも、何本も持っているので買う必要はないのですが、このシリーズ、そのうち消えると思えて、買っておきました。
 どうでもよいことですが、ヨーロッパ型のインクカートリッジを挿して使えるローラーボールには、Kawecoの他にHerbinのものがあり、そいつもいいですよ。使わないのに2つ買いましたが。問題は、Herbinのはペン先が細い。私は太いのが好きなので、当面は使いません。
 で、実は一番手に入れたかったのは、万円筆よりインク「月夜」でありました。
 月夜を使ってみたのですが、なんつうか、緑ですね。青緑。緑がかっているとは聞いていましたが、思ったより緑。インクの色でいえば、Verdigris ですかな。フランス語では(間違っているかも) Vert de Greece ギリシャ風の緑、に近いかな。
 実は見た瞬間、Parker のBlue Blackに似ている、と感じて、使わなくなったParkerのBlue Blackの瓶を出して、書いてみたとです。似てますね。ParkerのBlue Blackの方が色が薄くて、より緑。
 まあ、私がいろいろインクを試しているのは、昔ずっと使っていたParker の Blue Blackがダメや、と思ったからです。すぐに緑になってしまって、しかも色が薄い。で、いろいろBlue Blackを使ってみましたが、どうも赤みが多くて嫌なのです。Blue もRoyal Blue 系が赤っぽいでしょ。どうもそれが嫌。
 そもそも、自然界には青という色は少ないですから、難しいんですよね。美しい青ということでは、私が試した中では、Pilot色雫の「露草」がよいです。しかし「露草」は色が薄く、まあ万年筆にも紙にもよるんですが、物足りないのです。そこでまた、いろいろ買って、まあ、使わないインクの瓶が増えました。
 この「月夜」ですが、どうですかね。
 「月夜」と名前が似たインク、Moon Night とか、いろいろ世間にはあります。私はよく使うのは HerbinのBleu Nuit(Night Blue)ですが、これ、結構赤いんで、ちょっと気に入らない。
by Larghetto7 | 2010-10-23 23:45 | 日記風