03/21 日曜  オハギ君
個人的意見  →  電話

 9時頃におきる。曇り。昨日に引き続き、風が強い。温室の屋根に乗せたシートが風で飛んでしまった。後でまた付けようとしたけれど、風が強くてシートは飛ばされ、乗せられない。
 昨夜、物置付近で捕獲機にかかった猫を動物病院に連れてゆく。やや大きめの猫で、オスだと思う。見かけない猫だった。実は別の雌猫を捕まえて避妊手術を受けさせたいのであるが、その猫はなかなかつかまらない。
 病院に預ける。登録で名前を聞かれたので、カミさんが苦し紛れに「オハギ」と名付けた。餡のような色が混じっているからだろう。しかしオハギというには、白が多い。17時半頃に引き取りに来るように言われる。
 本日、業務メールは少ない(ある程度はありまんねん)。世間も休んでいるのであろう。
 風はいつまでも強い。ネットの天気予報を観ると、事実に合わせて予報を変えている。当たらねぇ予報だ。
 午後、郵便局でお金をおろし、そのまま近所のセキ薬品に買い物に行く。
 18時半頃、オハギ君を引き取りに行く。手術は終わっている。やはりオスだった。おとなしく、うずくまっている。連れ帰って玄関で写真を撮った。後で分かるように、という目的である。オハギ君を入れた動物病院に籠にパウチの食糧を入れる。少しでも食べさせようと思った。そのカゴを入口の開いた物置に入れ、カゴのふたを開けて逃げられるようにした。食糧も置いておいた。消耗しているだろうから、食べて帰って欲しいと思った。
 20時頃から夕食。テレビで『龍馬伝』を観る。
 この番組は面白くできています。普通は「立派な人」として描かれる武市瑞山を、徹底的に小物として描いていますね。逆に、普通は焦点の当らない吉田東洋が、革新的な人として描かれる。まあ、その通りなんでしょう。吉田東洋は土佐藩の中では改革派なのだけれども、吉田東洋を追い落とそうとする守旧派が、武市瑞山を利用する、という構図で、まあ、それはそれで、その通りだったんでしょうな。本日出てきた久坂玄瑞なんかも、まあ、それらしいキャラになっています。
 なんとなくリアルなのですが、ひとつリアルでないのは、山内容堂は維新のときに40くらいですから、もっと若いんですよね。
 昨年、ちょっと高知に行って城を見て思ったのですが、まあ、城のすべてが残っている訳でないのはどこも同じとして、大藩の城という感じでもなかったです。だから、土佐藩というのがどのくらいの実力、どのくらいの世界だったか、ですわな。
by larghetto7 | 2010-03-21 23:45 | 日記風